滅菌対策について| 調布市国領町で歯科・歯医者をお探しの方は【野瀬国際デンタルクリニック】まで

最高レベルの衛生管理を

hygiene management

患者様の大切なお口を預からせていただく立場として、
あらゆる感染症対策を行っております。

院内感染を効果的に防ぐために、最高レベルの衛生管理が必要だと考えています。

新型コロナウイルス(COVID-19)に対する当院での感染予防対策とお願い(2020年8月17日更新)

当院では2020年4月10日から、通常の高レベルでの感染予防対策に加え、COVID-19に対する対策も実践しております。緊急事態宣言は解除されているものの、昨今のCOVID-19の感染拡大は進んでおり、当院では引き続き下記に記載しております院内の感染予防対策の徹底と患者様に対してのお願いを継続させて頂いております。
なお、5月末日までは不急だと判断される定期検診やクリーニングなどの新たな予約を控えさせておりましたが、6月より通常通り患者様の受け入れを開始致しました。現在、制限診療は解除としておりますが、野瀬国際デンタルクリニック(NIDC)ではこれまで通り引き続き新型コロナウイルス(COVID-19)の他、あらゆる感染症防止対策の万全を期して参ります。患者様におかれましては引き続きご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げますとともに、皆様のご理解とご協力に感謝申し上げます。
歯科医師や歯科衛生士、診療スタッフは、日々治療により生じる患者様のエアロゾルなどによる感染リスクに晒されています。そのため、普段から患者様だけでなく、私たち医療スタッフへの感染予防対策を徹底的に行なっております。昨今のCOVID-19の世界的な感染拡大により、野瀬国際デンタルクリニックでは常日頃より行っている感染予防対策に加え、以下の取り組みを実践し、患者様へのお願いも行っております。

<自主的な制限診療についてのお知らせ(5月31日解除)>
野瀬国際デンタルクリニックでは東京都の緊急事態宣言が解除されるまでの間、緊急性の要さない定期検診やクリーニングなどの新たな予約の受け付けを控えさせて頂いております。
しかしながら、口腔内の衛生状態を良好に保つことは、口腔内のウイルスや細菌を減少させ、肺炎やその他感染症のリスクを減らすことに直接つながります。緊急性の要さない予約を控えることが口腔衛生状態の悪化につながらないよう、その期間はご自宅での日々のブラッシングを怠らないようにして下さい。良好な口腔衛生状態の維持が、そのような疾患を著しく防止することをご理解ください。

<院内での取り組み・体制 4月10日〜現在>
・当院入り口にアルコール消毒液を設置
・定期的な院内換気
・待合室における雑誌、本などの撤去
・チャイルドルームの玩具、絵本などの撤去
・患者様への診療前の質問票の記入
・患者様に対する処置前の抗菌性洗口液によるうがいの実施
・院内スタッフの毎日の検温及び手指消毒の徹底
・院内スタッフのプライベートでの行動制限の徹底
・院内スタッフが発熱、咳、倦怠感を伴う症状を訴えた場合の自宅待機及び医療機関受診の徹底

また、開院当初から以下の感染予防対策も徹底して行なっております。

・口腔外バキュームの使用による治療中に生じる粉塵やエアロゾルの排除
・希釈次亜塩素酸水による徹底したユニット周りの消毒
・電解中性機能水を作り出し、当院での治療で使用する全ての水を除菌
・ヨーロッパ規格最高基準であるクラスB滅菌機による治療器具の徹底した滅菌
・当院スタッフの感染防護対策(ゴーグルやアイシールド、サージカルマスク)の徹底
・専用のタービン滅菌機によるタービンやコントラアングルの洗浄・滅菌
・診療様グローブ・エプロン・紙コップ・紙トレーなどは全て使い捨てのタイプとし、必ず患者さまお一人毎に交換

<患者様へのご理解とご協力のお願い>
以下のような事項に該当する方は治療及びメインテナンス予約の延期を検討させて頂く場合がございます。来院前にご連絡頂けますと幸いです。

・37.5℃以上の発熱や咳症状及び倦怠感のある方
・現在同居する方に発熱や咳などの症状がある、自宅隔離を要請されている方
・身内や勤務先などでコロナウイルス陽性患者が出ておられる方
・過去14日以内に海外渡航歴のある方
・過去14日以内に海外から帰国された方との濃厚接触歴がある方
・過去14日以内に50人以上が屋内で集まる集会やイベントに参加された方
・過去14日以内より嗅覚、味覚異常が出てきた方につきましても感染初期症状の可能性がございます。

また、当院での患者様へのお願いとして以下の事項をお心おきください。

・ソーシャルディスタンス(社会的距離)確保のため、お付き添いはできる限り少ない人数でお願い致します。
・治療時に万が一咳き込む場合はティッシュ・ハンカチ・服の袖等で口鼻を覆うよう、ご協力下さい。
・通院による感染の不安がある、重症ではないものの咳や発熱、倦怠感がある、または接触者の感染が確認された場合などはご無理なさらずにご相談、予約変更のご連絡を頂ければと思います。

当院が行っているこのような取り組みはいずれも患者様、医療スタッフの健康と命をお守りするために行っております。
今後も最新の状況に合わせた万全の対策をスタッフ一同、一丸となって尽力して参ります。今後の状況に合わせて当院の対策も随時更新する予定です。ご迷惑やご心配おかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

野瀬国際デンタルクリニック(Nose International Dental Clinic)スタッフ一同

消毒

微生物の数を、人体に害がない程度に減らします。
細菌の活動を弱め、感染の危険をなくします。

殺菌

菌の生活力を奪い、有毒性のあるカビ・ウイルスなどの多くの種類の微生物を不活化させます。

滅菌

有毒性のあるなしに関係なく、すべての細菌・微生物を限りなくゼロに近づけます。

滅菌できないものは、
すべて使い捨て製品を使用します。

紙コップやエプロン、手袋などの滅菌処理ができないものは、患者様ごとに必ずお取替えいたします。毎日使用する数は膨大になりますが、安心して治療を受けていただくために、スタッフ全員が徹底して行なっております。

当院の導入している設備

Facilities

消毒

×

滅菌

患者様のお口に触れるものは、器具だけではありません。
治療に使用するお水にも、清潔さは求められなくはいけません。
当院では、「お水」と「器具」のどちらも清潔を保てるように、最新設備を導入しております。
クリーンな歯科医院であることを、自信をもって宣言いたします。

1.お水を清潔に保つために
歯科ユニットウォーターライン除菌装置
ポセイドン

歯科医院では、器具の洗浄から治療、クリーニング、うがいの時など、あらゆる場面でお水を使用します。
そのお水を清潔に保つために導入した設備がポセイドンです。
人と自然に優しい電解中性機能水を作り出せるので、院内で使用するすべてのお水を除菌することができます。
これにより、細菌の繁殖を抑え、衛生的な治療環境を保つことができるのです。

2.器具を清潔に保つために
クラスB滅菌器

高圧の水蒸気で、治療に使用したミラーやピンセットなどの治療器具を滅菌処理します。
当院では、世界で最も厳しい基準であるヨーロッパの規格にのっとり、その中でも最高基準である「クラスB」の滅菌器を導入しております。
あらゆる細菌を死滅させることで、治療器具を介した院内感染を防ぎます。

タービン・ハンドピース専用滅菌器

歯を削る際に使用するタービン・ハンドピースは、とても細かい作りをしています。そのため、通常の洗浄だけでは完全に汚れを取ることが困難です。
当院が導入している専用の滅菌器を用いれば、内部まで徹底して滅菌することが可能です。
まだ全国の3割程しか導入されていないのが現状ですが、当院では、患者様の安心・安全を第一に考え導入いたしました。

調布市国領町・野瀬国際デンタルクリニック・PAGETOP