歯内療法| 調布市国領町で歯科・歯医者をお探しの方は【野瀬国際デンタルクリニック】まで

大切な歯を抜く前に、
まずは当院にご相談ください

いくら治療の技術が進化したとしても、天然歯に勝るものはございません。
そのため、できる限り天然歯を残せるように治療に取り組んでおります。
歯内療法を行う際は、歯科医師の技術と精度高く治療を行うための設備が大切です。
あきらめてしまう前に、野瀬国際デンタルクリニックまでご相談ください。

こんなお悩み、ございませんか?

  • 他の歯科医院で抜歯宣告をされた
  • 治療をしたはずの歯が痛い
  • 被せ物をしている歯が痛い
  • 噛むと歯が痛い
  • 歯から臭いがする

歯の神経にまで細菌が侵入して痛みや臭いを生じている可能性がございます。
上記のような症状があればすぐにご相談ください。

歯内療法とは?

調布市国領町・野瀬国際デンタルクリニック

歯の寿命を、できる限りのばすために
歯の根っこに対して行う治療法です

初期のむし歯であれば、削ってつめものを取り付ければ治すことができます。しかし、とても深いところまでむし歯菌に侵されている場合、歯の根っこにまでダメージを与え、歯を抜かなくてはならなくなってしまいます。こうした状況を食い止めるため、歯の神経を取り除いて清掃し、そこに薬剤を充填して密閉することを歯内療法と呼びます。

天然歯が大切な理由

調布市国領町・野瀬国際デンタルクリニック

天然歯には、クッションの役割を果たす
「歯根膜」があるためです

「入れ歯は手入れが大変だから…」「インプラントはお金がかかるから…」こうお考えの方も多いかと思います。
もちろんこれらの理由もございますが、更に大切な役割がございます。天然歯には、ものを噛んだりする際に発生する衝撃に対して、クッションの役割を果たす「歯根膜」が付いています。
インプラントや入れ歯ですと、この歯根膜を作ることができません。
1つの歯だけでなく口腔内全体を大切にしたいからこそ、1本でも多く歯を残していく必要がございます。

歯の衝撃の比較

  • 調布市国領町・野瀬国際デンタルクリニック

    天然歯の場合

  • 調布市国領町・野瀬国際デンタルクリニック

    インプラントの場合

抜歯が必要なケース

残念ながら、どんな状態の天然歯でも残せる技術は未だ開発されていません。
野瀬国際デンタルクリニックでは、その歯が周りの歯に悪影響を及ぼす状態になった場合は、抜歯をおすすめしておりますが、抜歯という選択はお口の終了のサインではございません。他の歯や骨を守るための選択肢の1つだとお考えください。

抜歯の可能性がある状態

  • 1.極度な動揺が
    起こった場合

    調布市国領町・野瀬国際デンタルクリニック

    横揺れや歯がしずみこんだり、ブラブラするようになってしまった状態です。

  • 2.歯の根っこが
    割れてしまった場合

    調布市国領町・野瀬国際デンタルクリニック

    細菌が奥まで進むための通り道ができた状態です。細菌により歯の土台が溶かされてしまう可能性がございます。

  • 3.歯の根っこに大きな
    病巣がある場合

    調布市国領町・野瀬国際デンタルクリニック

    軽度であれば再治療が可能です。膿が重度に溜まってしまった場合は、周りの歯を溶かす原因になるので抜歯いたします。

調布市国領町・野瀬国際デンタルクリニック・PAGETOP